大丈夫! あなたのお子さんは 失敗も、悪いこともする「素晴らしい子」です!

プレーパーク

りく先生の子育てが変わるきっかけになった言葉。

「こどもはみんな、悪いこともするいい子」

 

えええ~~!目からウロコ!
「いい子」なんだ、うちの子!

 

びっくりしました。
そして嬉しかった。

 

自分の子育てに自信が持てなかった私にとってその言葉は

「あなたも、失敗もするけどいいお母さんなのよ」と言ってくれている気がしたのです。

 

いい子?悪い子?それより勉強できる子?

「どうしたらウチの子、『勉強できる子』になりますか?」
という質問を時々いただきます。

 

小学校に入ると急に親の意識が変わります。

いい子か悪い子かよりも
勉強する子がいい子!になりがちです。

 

そりゃそうですよね。勉強できる子にしたい、が親としての本音。

 

漢字の寺子屋は勉強できる子になる教室ではありませんが、

本人が勉強したい!と思ったときにできる子になるための自力を養います。

勉強できる子に

 

心と国語力があればいつかきっと自分の力で走り出す

まずは成績にかかわらず、その存在を

「うちの子、いい子だ~~!」

と、心から信じることです。

 

そしてそれをSNSの知人にではなく、我が子本人に伝えることです。

「あなたって、本当にすばらしいよ!
そのまんまで愛してるよ!」と。

 

どの子もりっぱな人間性を持った子たち。

それぞれに自分の道を進もうとするときに必ず必要なのが

国語力です。

 

企業で働く人も、研究職でも、

スポーツの世界でも、料理でも、ファッションでも!

 

いつ、子供が何か目標に向けて走り出すのか?それはわかりません。

それまでの間は無理に走らせず、

「あなたには走る足がある。走る力も十分ある。

いつか走りだす時には応援するよ!」と励まし続けましょう。

 

たくさんの失敗もするでしょう。悪いこともするでしょう。

でも、大丈夫!

あなたのお子さんは

失敗も、悪いこともする「素晴らしい子」です!

プレーパーク

失敗の経験も、ネガティブな感情も

心を育てる大切な栄養にすることができます。

 

お父さん、お母さんのはたらきかけ方次第です。

心配ばかりしていては、不安が大きくなるだけです。

安心の中で子どもをのびのび大きく育ててください。

 

読めることはすべての学習にプラスに働く

そして、もう一つの国語の力

子供が自分から走り出したくなった時に、必ず役に立つのが「読めること」です。

読めることは、良好なスパイラルを生み出します。

中学生社会教科書

■ 勉強がよく出来る、伸びていく子は 勉強に前向きな子です。
勉強に前向きな子は まず「読める」んです。

■ 漢字が読める子は本も好きなので、好奇心が旺盛です。
好奇心があるから、人の話もよく聞ける。

■ 深い話、「使う語彙」が難しい話でも
頭の中で、漢字に変換してる子は理解できるのです。

 

漢字が得意で読める子は、成績にかかわらず

一気にこのスパイラルを駆けていくことがあります。

%e6%9c%ac%e3%82%92%e8%aa%ad%e3%82%80

小学校低学年か、園児のうちに漢字が好きになること。

そうすれば

学習が難しくなる高学年での理解は、興味への入り口となります。

思春期には、より深い思考ができる

しっかりとした言葉の土台が出来あがるでしょう。

漢字の寺子屋は『勉強できる子』にするためのお教室ではありません。

だから、漢字の寺子屋に来たからって、賢く成績優秀になるわけではありません。

でも学びの入り口を「楽しそう!」と感じさせることや、

不安を安心に変えるお手伝いができます。

「私はだいじょうぶ。学ぶ力がある。」そういう自信を育てることができます。

目に見える成績や偏差値に振り回されずに、

しっかり生き抜き、幸せになる力を持つ子に育てましょう!

大丈夫!

読む子は育つ!メルマガ配信中

漢字の寺子屋では、未就学児からの漢字による育児、教育の情報や、漢字の寺子屋が主催するイベント等のご案内をメルマガで配信しております。
また、漢字の寺子屋認定講師養成講座の開講スケジュールもお知らせいたします。