ゲームのやりたい放題を叱ることなく自制させる方法

漢字の寺子屋に来る幼児さんも、お誕生日やクリスマスプレゼントには電子ゲーム機をもらっているのでしょうか。

「ゲームは宿題が終わってから30分だけのルールですが、守れなくて毎日叱ってるんです」

そんな話もよく聞きます。

夢中になっちゃう、面白すぎるゲーム。30分の口約束をするのは簡単ですが、実際、やりたい欲求を自制するのはとても難しいことですよね~。

スマホでもゲーム機でも、「自分の物」になったとたん「自分の好きにコントロールしていいでしょ!」と思うのが人間です。

では、どうしたら・・・?

 

DSゲーム機

ゲーム貸出銀行方式を取り入れる

ゲーム機をお子さまに買い与えて、ルールを決め、ルールが守れないと、取り上げたり、怒ったママがぶっ壊しちゃったり!

これを「お巡りさん方式」と呼びましょう。交通違反を取り締まられるのに似ていますね。

 

実は我が家で実践した画期的なアイデアがあります!

「ゲーム貸出銀行方式」です。

買い与えずに、親のものとして購入し、子どもに貸し出す方式です。

「ゲーム機は買ってあげません。でもママのを貸してあげるね。だから丁寧に使って、ちゃんと返してね。もちろんルールを守るのよ。」

 

ルールを破れば次に貸してもらえないかもしれませんから、子どもは自制します。

ゲーム機の貸し出しは「信用」とトレードです。ルールを守ることが次の貸し出しにつながります。銀行のようですね(笑)

また、叱る必要もなく「時間なので返却してくださ~い」といえば良いのです。

 

ゲームする子

 

所有権は子どもではなく親にある

親子で大喧嘩して、ゲーム機をぶっ壊しちゃうママもいるそうですが、子どもの玩具だと思っているから腹が立つのです。

ママの大事なもの(実際お高いもの)ですから、可愛いポーチに入れて大事に収納しましょう☆所有権はママにあることがポイントです。

 

貸し出し制にすることで、子どもは「信用を担保に自由を得る」ことを経験できます。これは不自由なことではなく、ルールを守り、親からの信頼を得る心地よさでもあります。

自制し、自分でめりはりをつけることができるようになればきっとゲームも勉強もしっかり楽しむことができる子になります。

ぜひ、「ゲーム貸出銀行方式」をお試しくださいね!

 

漢字の寺子屋はアナログなお教室なので電子ゲームは取り入れていません。その代わりボードゲームをおすすめしています。

誰かと一緒にやるボードゲームは自制心や思いやりの心が育まれます。

電子ゲームを楽しむときも「30分の間はノー・モラルでOK」なわけではなく、自制心や思いやりの心を忘れない遊び方をさせるべきです。

 

読む子は育つ!メルマガ配信中

漢字の寺子屋では、未就学児からの漢字による育児、教育の情報や、漢字の寺子屋が主催するイベント等のご案内をメルマガで配信しております。
また、漢字の寺子屋認定講師養成講座の開講スケジュールもお知らせいたします。