【協会の役割と責任】漢字の寺子屋養成講座の先生のサポートと報酬について

 

今や資格取得は趣味の時代ですね。
勉強して資格を取りたい、資格を活かして活動したい。

一人でいくつも資格を持つ人もいるし、毎年なんらかの資格にチャレンジする人もいます。

さて、漢字の寺子屋も講師養成講座という資格を与えています。養成講座の概要はこちらに明記していますが、この資格について改めてお話したいと思います。

 

漢字の寺子屋講師養成講座で学んだことは必ず社会に還元してください

漢字の寺子屋の講師養成講座を受講したら、きっと社会に還元してください。どうかお願いします。

講師の資格を持った先生方と一緒に、目指したい未来があるのです。

 

・学校の漢字学習の方法が合わなくて辛い思いをする子が減りますように。

・「漢字めっちゃ読める!」の自信をどの子も持てますように。

・読めることから次への興味の扉を開く力を持つ子が増えますように。

 

先生ひとり一人が一歩ずつ進むことで、少しずつ社会に変化もあるはずです。

 

本部としては、講師の活動からロイヤリティをいただきませんから、先生が活動しなくてもなにも損しません。

でも、それじゃあ未来は変わりません!養成講座で学んだことをぜひ地域社会で活かしてください。

先生の活動を待っている子供達がたくさんいます!!!

 

 

生徒さんからいただくお月謝は100%講師のもの

いわゆる協会ビジネスの中には、生徒さんのお月謝を本部が管理し、30%~50%を協会ロイヤリティとして差し引きして、残りの50%~70%が講師の先生のもの、というところもあるようです。

それっておかしくないですか?!

日々の授業をやっている先生方が「やりがい」を感じられることのひとつが「報酬」です。ですから、漢字の寺子屋では、生徒さんたちからいただくお月謝は、100%講師の先生方の報酬としています。

これ、わたしは当たり前だと思ってますが、当たり前でないところもあるようです。

お月謝は100%。その分、クラスの運営や授業の責任も先生がしっかり持った上で、熱心に丁寧な授業をしてくださっています。

講師の開講サポート

先週、認定講師の先生の授業の同行を二件しました。新しい先生を近隣の先生に紹介したり、授業内容やアプローチについて意見がほしい、相談したいなどの要望に応えるためです。また今週は講師研修会を開催します。

このように、講師の先生方が活動しやすいように整えていくのが本部の役目です。

メディアに出て漢字の寺子屋を広く知っていただくための活動も本部の仕事ではありますが、講師の開講サポートこそ大切な仕事だと考えています。

 

「私にできるかな」という不安は誰にでもあると思います。でも、「私もやってみたい!」という強い気持ちがあれば精一杯お手伝いしますよ!

漢字の寺子屋講師養成講座

『子どもに教える仕事がしたい!』と考えている方へ。
先生も生徒も楽しい!そして、子どもの未来に役立つ力が身につく!そんな学習教室を開いてみませんか?
漢字の寺子屋なら地域でオンリーワンの特色あるお教室を運営できます。