漢字の寺子屋®️認定講師の課題図書「弁当づくりで身につく力」からの学び

子供達のもつ生きる力を伸ばしてあげるって、どういうことか

竹下和男先生の「弁当の日」の取り組みから感じてほしくて

講師の先生方の課題図書にこの本を選びました(#^.^#)

 

その日は給食なし。

各自でお弁当持参。

ただし、

「自分で」作ってくること。

 

 

子供達の驚き、不安。

教師の不安、反対。

保護者の不安。

 

無理矢理ではないこと。

失敗もあって大丈夫なこと。

とにかく子供達にはやり切れる力があると信じつくして

かつ、必要なサポートをすること。

 

いろいろ書きたいですが、これから読む方のためにここまでにしておきますね。

実は、これ子供向けの書籍ですのでお子さまにもおすすめ!

気になった方はぜひ書店や図書館で探してみてくださいね。

課題図書を読んだ先生方とのシェアが楽しみです~~!

 

漢字の寺子屋では、理念に共感いただけて、講師として活動したい方を募集しています!

理念:漢字あそびを通して、学びのワクワクを伝え、自分を信頼できる子を育てる
目的:文字に興味をもち、知りたい意欲を育て、勉強って楽しそう!と思う子が社会に増えること

 

 

漢字の寺子屋講師養成講座

『子どもに教える仕事がしたい!』と考えている方へ。
先生も生徒も楽しい!そして、子どもの未来に役立つ力が身につく!そんな学習教室を開いてみませんか?
漢字の寺子屋なら地域でオンリーワンの特色あるお教室を運営できます。