子どもの「やだ!やりたくない!」に効くとても簡単で優しい方法

授業中、「これやらない~」と言い出す子がいます。

そういう時は、少し放っておきます。

 

l_16

子どもの気持ちにフォーカスする

大丈夫、心配いりませんよ(^-^)子どもが感じている不安を言葉に出すのは良いこと。

「カルタやらない~」
「これオレ、下手だからやらない~」

って言いたいだけ言わせてあげると、不安の半分は消化されます!

 

先日、あるお母さまに言われました。

「うちの子が、自信がなくて『やらない~』って言ったときに、りく先生はスルーしてましたよね。でも、そのうちにちゃんとやりだして・・・スルーでいいんですね~!
私だったら『ほら、楽しいよ!とりあえずやってみようよ!』と、はっぱかけちゃうんですが、逆効果でもっと意固地になったりして・・・」

 

スルーしたり無視するのではなく、「言葉に反応しない」ということです。その代わり、「気持ちにフォーカス」します。

目を合わせて「OK、OK~」と合図する。

「やりたくなったらおいで」
「先生の代わりに1枚読んでくれる?」

など、場を離れた子が戻れるようにしておくのは先生の大事な役目です。

 

「イヤだ」は子どもの不安のあらわれ

「いやだ~やらない~」は言葉通りの気持ちではありません。

やってみたいけど、自信がない
〇〇ちゃんに負けちゃうのがいやだ
初めてのカルタだ・・・
知ってるやつが良かったのに
知らないお友達のお隣は緊張するからいやだ

 

子どもが感じてる不安が「いやだ~」になって出てきているだけ。だから、安心して落ち着けるようにするのが一番です。

「なんでやらないとか言うの!みんな待ってるでしょ!」
「一緒にやろうよ!ほら早く!」

そんな風に追い立てたり、しつこく誘いはしません(笑)ニコニコと、普通に進めていく。

 

子どもが安心する

 

そうすると、だいたい途中で落ち着いて手を出してくるのでそこで「おお~!上手かったね!」と反応して声をかけたり、肩に手を添えてあげると、「君がいてくれて嬉しいよ。一緒にやろうね」が伝わると思うんです。

 

読む子は育つ!メルマガ配信中

漢字の寺子屋では、未就学児からの漢字による育児、教育の情報や、漢字の寺子屋が主催するイベント等のご案内をメルマガで配信しております。
また、漢字の寺子屋認定講師養成講座の開講スケジュールもお知らせいたします。