2018年より認定講師として教室運営の意思のある方を対象に、2017養成講座のエントリーを開始します。

漢字の寺子屋の理念に深く共感して、ともに活動してくださる方を求めています
まずは心を込めて作っているこのホームページをしっかり読んで
「ここでわたしも活動したい!!」という熱い思いと共にご応募ください
あなたの応募をお待ちしています!

毎年秋に養成講座が開催されます

子供たちを尊敬し、その可能性を遊びと学びから引き出すのが漢字の寺子屋の認定講師です。

認定講師の役割は、教室運営だけでなく、幼児の漢字学習と読み先行の漢字学習を社会に広め、学習スタートのスタンダードにしていくことです。

 

 

※幼稚園・保育園・小学校・幼児教室などで漢字の寺子屋の導入を検討されている場合は、お問い合わせページよりご連絡ください。
このページでは個人での漢字の寺子屋講師になるための養成講座エントリーについて説明します。

 

申し込み

応募用紙に志望動機など必要事項をご記入の上、お申込みいただきます。

応募用紙は漢字の寺子屋のお店で販売しています。

ワードのファイルをダウンロードしていただき、必要事項をご記入の上、

メールでご応募ください。9/20締め切り

 

面談

ご応募いただいた方から、順に

スカイプ、またはZOOMで面談を行います。

都内の場合は直接面談も可能ですが、その場合でもオンラインミーティングの接続チェックのためスカイプ/ZOOM面談を行います。

話し合うことで、受講される方の目的意識を確認し、漢字の寺子屋マインドと合致しているかを双方が確認します。

また、規約の確認も行います。

面談において、養成講座に向かう双方の意識の確認ができた場合、本講座の受講に進んでいただきます。

 

 

入金手続き

9/25期日までに着金するように受講料をお振込みください。

養成講座費用 97,200円(税込)

受講料着金をもって養成講座受講生となります。

本講座・認定試験料

 

本講座

6週間で「教材の準備」「指導法」「開講準備」などを 課題をこなしながらすすめていきます。

  • 毎週月曜に課題の動画を配信
  • 木曜日午前10:00~12:00はオンラインまたは対面講座(2時間)

課題の取りくみについて進捗報告し、受講生同士でシェアし合い、講師に直接質問したりアドバイスを受けます。

またGメールやFacebookグループで課題の提出や質疑応答を行います。

日程 10月第一週から11月第二週

  • 1週目 漢字の寺子屋の基本理念について
  • 2週目 基本教材の確認と製作
  • 3週目 基本教材の使い方
  • 4週目 授業の組み立てと指導法
  • 5週目 授業の運営
  • 6週目 年間のクラス運営

※木曜のオンライン講座に参加できない場合、振り替え(有料)は次の月曜か金曜です。
※詳しいカレンダーはページ下部にあります。
※木曜のオンライン授業を対面にすることも可能です。(会場 新宿)

 

認定試験

筆記試験と実技試験があります。

  • 筆記試験は11/17までにメールで提出
  • 実技試験は11/14または11/16を選択

筆記試験では漢字の寺子屋の理念とプログラムの理解、またそれを表現する力を確認します。

実技試験では、模擬授業を行い、講師としての技能が身についているかをチェックします。

実技試験はオンラインではなく対面で行ないます。(会場は新宿です)

合否は11/20に発表、実技試験追試(有料)の場合は11月中。

2018年度講師年会費を入金(\15,000)

12/2 講師交流会にて修了式

 

研修期間

11/20~2/20の3か月間

本講座をすべて受講し、認定試験をパスした方は研修生となります。

3か月の期間内に漢字の寺子屋クラスにアシスタントとして入り、レポートを提出します。

先輩講師に教えてもらいながら実際に教室で子どもたちや保護者と関わり学びを深めます。

さらに、教室の集客・広報・運営について計画を立てて、具体的に活動を開始します。

 

養成講座修了と公認

研修を終えたら、各講師の活動がスタートします。

2018年度春に教室運営を開始します。

半年間の教室運営ののち、審査の上で漢字の寺子屋公認講師となります。

 

 

応募の前にご確認ください

講師になるために必要なこと

活動講師になる

2018年より認定講師として漢字の寺子屋の教室運営の意思のある方が対象です。

資格取得だけを目的に受講するのはご遠慮ください。

活動意思がない場合、本講座を受講しても認定を受けることができない場合があります。

 

集中できる時間を用意する

エントリーしてから、本講座(2ヶ月)、研修期間(3ヶ月)の期間を

漢字の寺子屋の講師になることにエネルギーを集中して注いでいただく必要があります。

受講中に集中してエネルギーを注ぐことが、認定後の活動へつながります。

小さなお子さんがいて十分な時間が取れない場合や、

その他の勉強や仕事をしている方は、今が受講のタイミングなのかよく考えてください。

 

個人事業主になる

認定講師は個人事業主となり、各々が責任をもって教室運営を行います。

税務署で登録手続きをし、確定申告をします。

 

人が好き

子供が好きであることは最優先条件です。しかし子供だけが好きな方には、漢字の寺子屋の講師は向いていません

子供たちの育ちに関わるパパママ、ご家族に漢字の寺子屋を理解していただくことは必須だからです。

また認定講師は社会に向けて漢字ファーストという新しいスタンダードを提案&発信していく役割がありますから

子供たちを含む社会や未来にも関心を持つ人を求めています。

 

スマホ&パソコンスキル

教室の情報発信、教材の準備、講師間のコミュニケーションなど、PCでの作業は必要不可欠です。

  • エクセル・ワードの基本スキル
  • 必須アカウント・・・Gメール、Facebookアカウントの取得
  • いずれかのSNSでの発信・・・ブログ、インスタ、Twitter

やり方がわからない場合は養成講座内で使えるように指導します。

 

必要な備品

パソコン、プリンター、スマホ、パソコンにつなげるカメラとスピーカー(スカイプやZOOMができるように)

 

発信力

教室運営できる活動講師になるために

養成講座の中で発信力をトレーニングしていきます。

情報発信、シェア、課題についてや、自分なりの気づきも積極的に発信できることが

認定講師の人間性を知ってもらい、ファンを増やしていくことにつながります。

 

家庭環境の準備

新しい働き方を選ぶなら、家族の理解と協力は欠かせません。

認定講師として活動することがあなたとあなたの家族にもより幸せをもたらす活動にするために、

漢字の寺子屋の認定講師になりたい気持ちを家族に伝え、どのような活動をするのかを説明しましょう。

また、養成講座受講中や、あなたが認定講師として活動する時間帯の、ご自分の子供の保育について環境を整えておきましょう。

 

2017養成講座カレンダー