「うちの子のトリセツ」は安心して話せる場所です

こんにちは 漢字の寺子屋のりく先生です。
普段は幼児のための漢字教室で、「遊び」を取り入れた漢字の読みを教えています。
このお教室「不思議ですね」とか「おもしろいですね」と言われることがあります。
それは「賢い子」と「勉強が苦手な子」が一緒に学べるところです。

いろんな楽しさをベースにしつつ、内容自体は学年を超えたものを用意しますので
どの子にとっても「初めてのことを楽しくやる」場所になっているからでしょうか。

私がこのお教室の中で取り入れてるために勉強していることが「感覚統合」。
これはアメリカで発達した児童発達の分野です。
漢字の寺子屋は 大きな声を出したり、体を大きく動かしたり、積み木を使ったり。
普段の学校とはちょっと違いますよね。

さて、この感覚統合は、いわゆる発達障害の子供のトレーニングに大きく貢献しているのですが、現在の日本の教育現場ではまだまだ認知されていません。
どころか個々の子どもの持つ「特性」に対し「個別に対応が必要」であると認識していないために、クラスに一律な指導、一律な成果レベルを求める傾向があるため
子どもは「できない」「不安」「身の置き所のなさ」「怒り」「かなしみ」を感じて積極性や自尊心を失う二次障害が現れることもあります。

そこで必要になるのが保護者がしっかりと知識を持ち、子供のサポートをしていくことなんです。
学校は子どもの生活の大きな割合を占める場所(時間)です。だから安心して過ごせる場所でなければいけません。
そのために親は学校や先生と情報を共有し、
子どもを守り育てるサポーターとしての協力体制を作っておくのがおすすめです。

(先生がひどい)とか(学校の対応が悪い、理解がない)と戦っても
こどもの環境が良くなるわけではないので
なるべく戦わずに、学校と先生には味方になってもらうのが理想ですよね。

最後に・・・
「うちの子のトリセツ」は「安心して話せる場所」です。
お互いに我が子のことや、我が家のこと、困っていること、事件(?)などをシェアしていきます。

目指すのは子供が安心して生活し、成長する環境を整えること。
子どもに「もっとちゃんとしなさい!」というばかりでは解決しないことがありますよね。
どうすすればよいサポートができるのか、事例を出しながらお話しできればと思います。機会がありましたらぜひおこしください

—-イベント情報——

フセンいっぱいの辞書あそび、やってみよう!
■辞書あそび体験会 4/21 10:00~15:00
神奈川県鹿島田 北野書店
アクセス http://kitanobook.co.jp/i/store.html
鹿島田駅すぐ
新川崎から徒歩5分
お申込みページ
https://ws.formzu.net/fgen/S20126799

■うちの子のトリセツ
4/19 墨田区曳舟https://www.facebook.com/events/154416245253135/?ti=as
4/28 千葉市川 10:15~12:45
市川市男女共同参画センター6階
お申込みはお問い合わせページから

漢字の寺子屋の先生になるには?
■朝活:オンライン説明会 3/20 9:30~10:30
当日朝のブログで開始30分前に入室URLとパスワードを出します
https://zoom.us/j/704550819?pwd=1HEJPx6966c

フセンいっぱいの辞書あそび、やってみよう!
■辞書あそび体験会 4/21 10:00~15:00
神奈川県鹿島田 北野書店
アクセス http://kitanobook.co.jp/i/store.html

——–

■このブログをブックマークするにはこちら
http://kanjino-terakoya.com/blog

■ブログ更新のお知らせメルマガはこちら
http://kanjino-terakoya.com/mailmagazine

FBやツイッターでもブログ更新のお知らせをしています
フォローどうぞ

■Facebookページ
https://www.facebook.com/kanjinoterakoya/

■Twitter
https://twitter.com/kanji_terakoya

読む子は育つ!メルマガ配信中

漢字の寺子屋では、未就学児からの漢字による育児、教育の情報や、漢字の寺子屋が主催するイベント等のご案内をメルマガで配信しております。
また、漢字の寺子屋認定講師養成講座の開講スケジュールもお知らせいたします。